アプリエンジニア 白井 桃子

アパレルメーカーから転職。お客さまのご要望を形にする楽しさを実感しながら、一歩ずつ前進中です。

自己紹介

 白井桃子
白井 桃子
技術統括部
アプリケーションテクノロジー部
リーダー
アプリエンジニア

2020.2入社 / 共立女子大学 国際学部国際学科

お客さまのご要望を踏まえたバックエンドのプログラム開発が主な担当業務です。

フロントエンド側はデザインチームにつくってもらい、それと連携させてバックの処理を行っています。

最近は、先輩方に教わりながら設計作業やテスト仕様書作成にもチャレンジ中です。

どんな機能があるのかの洗い出しや、どんな振る舞いや値が返ってくるのかなどを整理することで、的確かつ効率的に開発するスキルを身に着けていきたいと思っています。

入社のきっかけ

大学卒業後アパレルメーカーに就職し、店舗管理などの仕事に就いていたのですが、もともとPC好きでプログラミングへの興味が強くなり、自分で勉強を始めました。

学習するうちに、「本格的なスキルを身に着けたい」という希望がさらに強くなり、アパレル業界からの転身を決意しました。

そこで、私のような新人にも開発経験を積ませてくれる企業を探していたところ、グッドビーに出会いました。

面接のときに、具体的な案件の話をたくさんしていただいて興味が深まるとともに、お客さまのために視覚的にわかりやすい提案をしているという企業姿勢にも惹かれ、「この会社で頑張りたい」という気持ちを強く持ち、入社を決めました。

仕事のやりがい / 手応え

仕事をしていて一番の楽しさは、それまでできなかったことができるようになる、ということ。これは、プログラミングを学習していたときからずっと変わりません。そして、一番のやりがいは、お客さまのご要望を形にできたときです。

ときには難しいことを求められ、悩むこともありますが、そのたびに新しい学びがあり、自分の成長を実感することができています。

とはいえ、まだまだ経験不足ですので、一歩一歩経験を積んで、今やっている仕事をもっと早く、効率的にできるようになり、クオリティにもこだわれるようになりたいと思っています。

メッセージ

IT未経験者だった私でも入社後すぐに案件に参画させてもらえ、先輩たちに何でも聞ける雰囲気とチャレンジしやすい環境の中ですぐに溶け込むことができました。前職に比べると仕事とプライベートの両立がしやすいことも、とても気に入っています。

グッドビーなら、スキルに自信がない人でも、もっとできるようになりたいという思いがあれば、先輩たちとコミュニケーションを取りながら成長していけるはず。助け合いながら、一緒に力を伸ばしていければ、いいですね。

1日の流れ

10:00
10:00

出社

午前中は、前の日作ったプログラムの最終チェックや確認すべきタスクなどの消化が1日のスタートです。
また取引先様からのメールや案件全体の進捗状況を確認してその日やるべきことを明確にして作業にあたっています。

12:00
12:00

ランチ

お昼は、お弁当を持ってきて食べたり、会社のメンバーと一緒にご飯に行ったりしています。
他の案件の様子なども聞けて、刺激をもらっています。先輩後輩とわず気軽に話せるのでリフレッシュできます。

13:00
13:00

開発作業とミーティング

手を動かして開発したり案件のミーティングに参加してたりしています。
開発でもミーティングでも分からない部分は、その場で先輩に聞いたり、自分で一度整理してからまとめて聞いたります。なんでも優しく教えてくださる先輩たちにいつも感謝しています。

16:00
16:00

部署内ミーティング

部署内で毎日15分程度フラットに話し合う時間があります。話題は様々で毎回笑いがあって楽しいです。
短い時間ではありますが、いい気分転換にもなるので、そのあとの作業がはかどります。

19:00
19:00

帰宅

定時で帰ることもあれば、仕事が予定通りじゃないときは少し残って作業します。
翌日やるべきことなどを見えるところにメモして帰ります。

20:00
20:00

家族 / 友だちとの時間

帰宅後はペットの猫と遊んだり、友だちと連絡を取ったりしてリフレッシュしています。